今日もゲオ日和(びより)

geo で借りた映画・やDVD・漫画、購入したゲームなどを語っていきます。

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣  ジム・ドノヴァン著 弓場隆和訳  書評 感想

f:id:takeyamasatoru:20180218011151j:plain

こんにちは ゲオTKです。
 
けんすうさんの記事に触発されて最近習慣に関する本にはまっています。
 
けんすうさんの記事リンク

 

note.mu

 

本を読んだ感想についてはエントリーに書きましたのでよかったらご覧ください。
 
習慣の力 
小さな習慣
 
これだけ読めばまぁ充分かなと思ったのですが
アマゾンの評価が良かった
何をしても上手くいく人のシンプルな習慣という本です。
 
 
アマゾンの評価が高かったのでこれも読んでみようとなったわけです。
この本は習慣化すれば人生が良くなるといったものと違い
人生が良くなる行動って感じですね。
 
 
科学的に習慣化すれば自動的に生活組み入れられる
 
「習慣の力」
 
「小さな習慣」
 
とは違います。
目次だけ簡単に紹介しますね。

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣の目次

 

第1章自分の人生に責任をもつ
第2章ポジティブに考える
第3章目標を定める
第4章行動を起こす
第5章人との関わりを築く
第6章毎日を楽しむ
第7章夢を実現する
第8章より大きな成功を目指す
付録 習慣を身につけるエクササイズ
 
こんなかんじで第8章で構成されています。
 
長い文章をだらだら読むというより、
 
1問1答形式になっていて自分のペースで読めるので
 
読みやすいです。

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣を書いた人の著者とは

この本を何故買おうと思ったかは習慣に関する本だからというのもあります。
 
しかし、
 
本の帯やプロローグの項目に書いてあった
著者のジム・ドノヴァン氏の言葉に魅かれました。
 
ジム・ドノヴァン氏はかつて
アルコール中毒で誰からも見放されてどうしようもない生活を送っていたのですが、
 
習慣を変えることによって
今は妻子と幸せな生活を送っているようです。
 
私は、本書で紹介されている考え方を自分の人生で実際に使ってきた。
  したがって、
  
  これは理論書ではない。
  私は自分の考え方の効果を身をもって証明した
  「生き証人」
  なのだ。
  私の意図は、
  シンプルなテクニックをあなたと分かち合うことだ。
引用:「はじめに」より
ここから引用する文章にひかれました。
よくある成功した人が書く綺麗ごとみたいな名言集はありますが
アルコール中毒から立ち直った人のテクニックならなんか自分でも人生を変えられるんじゃないかなって思いました。

本のページ構成は1つのテーマに対して2ページ構成で読みやすい

 

f:id:takeyamasatoru:20180218011612j:plain

本は↑の写真のように1テーマ2ページでよみやすい構成になっています。
 
ちなみに
この本はアマゾンで中古で買いました。
 
前読んだ人が重要だと思うところに赤いボールペンで線が引かれています。
 
なんかここが重要なのかぁ!
と思ってなんだか嬉しい気分になりました。
 

他の成功者の本と被る内容もあります

成功本で有名な本ででてくる
神田正則さんの
 
「非常識な成功法則」
 
目標を紙に書くと成功する効果があるという事も
 
「何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣」
 
に書いてあります。
 
どちらかがパクったわけじゃないと思いますが
成功している人は言っている事がたまに被ることがあります。
 
実際に例としては
プロ野球選手のイチローや
サッカー選手の本田が
文集に書いた内容を本当に実現させているからすごいですよね。
今からサッカー選手や野球選手とまでの大きすぎる目標は
行かないまでにしてもこれは僕も実践してみようと思いました。

実際にやってみようとおもった習慣

「何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣」
で 実際にこれを取り入れてみようと思ったものがあります。

「好きな事を仕事にする」

それは好きな事を仕事にするという事です。
実際僕は脱サラをして
インターネットのお仕事で生計を立てています。
誰もが上手くいくはずがないといっていましたが
好きな事が仕事になっています。
しかし、
最近は売り上げが低迷してきて
もう1度サラリーマンをしなければと思うぐらい厳しい状況になりました。
でも気付いたんですよね。
僕にはとりえも何もない社会不適合者ですが
文章を書くことが好きな事だって。
そこで
今の仕事の当面の売り上げUPは見込めないので
WEBライターとしてクラウドソーシングサービスに登録しました。
引っ越しの仕事やコンビニのバイトをするよりも
生き生きとしていられると感じますね。
 
まだどうなるかわからないですけどね。。。

「立ち直る力を身につける」

 

仕事で有名な取引先ネットマーケティングSEO会社
に500万以上こちらの人件費をあわせれば
900万ぐらいの損害を受けて
嫌がらせでその会社のツールを使わせないという
事があり本当にショックを受けた出来事がありました。
 
死ぬことも毎日考えていますが
どれも失敗に終わっています。
 
本には
もし落ち込んでいるなら、
外に出て新しい人と会ってみよう。
 
とあります。
しかし、
友達って今から作ったりするには遅すぎるなんてことも考えています。
ただ、
やるしかないんですよね。
やって駄目だったら
もう1度死ねばいいという覚悟でやってみようと思います。

「年齢を気にしない」

最期に年齢を気にしないという事です。

作家のマリオンハートは54歳で飛行機の操縦法を学び、
 大西洋を横断する単独無着陸飛行を全部で7回おこなった。
 最後の飛行を行ったのは1976年だったが、
 その時彼女は84歳だった。
こういうような事例がいくつか載っており
「この世のすべての悲しい言葉の中で、
 最も悲しいのは
 『しておけばよかった』である」
と高名な詩人は言っているらしいです。
僕は見た目でも若いといわれる方ですが
 過去を振り返れば 
しておけばよかったという事が山ほどあります。
ですので
「年をとりすぎていてできない」
と思うことこそやってみよう! と思いました。

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣の感想まとめ

 

最近落ち込むことが多く
その時間を
「TVゲーム」
「映画を見る」
といったことで逃げていました。
自分を変えなきゃ!
という思いでこの本を手に取ったのですが
他の人のがどうとかじゃなくて
自分の人生は自分でまず行動を起こさなきゃと思いました。
 
「何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣」
 
の著者もアルコール中毒で安アパートに住んでいた状況から
ペンシルべニア州の美しい環境で
妻子ももち
本や執筆したり講演をしたりして活躍しているらしいので
自分も今の状況は本当に最悪中の最悪ですが
変われるように
この本の内容を取り入れていこうと思います。
 
また、
本を読んだらすぐに新しい本を買って前の本の内容を忘れてしまうことが
多いのですがこの本だけは手元に置いて何度も見たいと思いました。

 

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ジム・ドノヴァン,弓場隆
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/12/27
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る