読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もゲオ日和(びより)

geo で借りた映画・やDVD・漫画、購入したゲームなどを語っていきます。

GTO パラダイス・ロスト(1) (ヤンマガKCスペシャル) | 藤沢 とおる 感想 ネタばれ






f:id:takeyamasatoru:20170129180544j:plain

GTOは昔、反町隆が主演でドラマ化したのをみてこれは面白いーとおもって

コミックの方も一気読みしたのが初めの出会いです。

最後は臨時教師から正式な教師になったところで

終わったような気がします。

うるおぼえなので違うかもですが。

それから時間が立ってパラダイスロストというのがあるから借りてみました。

続編なのかなとおもって wikipediaをみてみたら

GTOの後に 


GTO 14days ていうのが出ていますね。

そちらから読みたかったのですが

パラダイスロストの1巻を借りてみたので

パラダイスロストが終わってからにします。


あらすじです

教師・鬼塚英吉は刑務所にいた!

生徒を誘拐し監禁したという彼は収監された理由を語り出した。

グレートティーチャー・鬼塚英吉の次なる舞台はなんと刑務所!?

聞けば、


半年前に副担任になったクラスで起こした事件が原因らしい。


そこは吉祥学苑高等部に新設された芸能クラスだった!!

全く後悔していないという鬼塚は刑務所で静かに事の真相を語り始めた――。

GTO パラダイス・ロスト(1) (ヤングマガジンコミックス)

GTO パラダイス・ロスト(1) (ヤングマガジンコミックス)

俺がここにきた理由

始まりは刑務所からスタートします。

仏像を黙々と彫り作業をこなしている。

そこに仲間から煙草をクスネテきた鬼塚にくれた玄さん。

煙草を盗んだ事がバレ、玄さんに絡んできて奴を倒してしまい、

懲罰房に入っています。

そもそも懲罰房に入ったのは生徒を誘拐・監禁したことで入ったららしい。

鬼塚にこの事に関しては後悔はないという。

何故刑務所に入ってきたのかを語りだす。

パラダイスの幕開け

学校に登校する鬼塚。

登校すると、もう吉祥学園に居場所はないと内山田教頭にいわれる。

しかし、理事長によると首にしたわけではなく

芸能クラスの担任を鬼塚に任せたいのであった。

芸能クラスというと

芸能人が集まる

日の出高校や堀越高校みたいなかんじのクラスですが

なにやらそのクラスには問題があるようです。

G-class has come

芸能クラスには実は問題があり、

前の担任が留置所に入ったり、

理事長の孫娘が自殺未遂をしたり、

誰も担任をやりたがらない問題のあるクラスらしい。

元クラビアアイドルが副担任で

クラスのアイドルの子のファンの追っかけに

嫌がらせを受けていたところ、

鬼塚が救う。

アイドルの洗礼

イケメンアイドル SAMURAI

の2人の差し金で 鬼塚は

現役アイドル4人にはめられ

全裸写真を撮られ学校の掲示板に写真をアップされる。

この辺は初期のGTOに話が似てますね。

先生いじめで辞めさせるっていうパターンがあって

問題ある生徒を公正させていくような流れになるんでしょうか?

Gクラスの掟

Gクラスには

売れてるアイドルによって

扱いが階級分けされていて

最も売れている人間はA

その下は B

その下は C
というように階級分けされているらしい。

スクールカーストみたいな感じで。

それを聞いた鬼塚はクラスメートに差別はねぇ

鬼塚流のやり方でぶち壊してやると意気込む。

仮面ティーチャー

アイドル4人組みの靴の上にガマガエルを乗せたり

ガマガエルをぶっかけたり

覆面を被って復習する。

SAMURAIの2人は

ファンにデマを吹き込んで

恥ずかしい噂を流す。

グレート・デスマッチ!

ブチ切れた新崎が

電気ショックでビリビリなるやつで鬼塚を追いまわすが

ガマガエルとか寄生虫が入った

落とし穴におとされ

びしょぬれになり完敗といったかんじ。


鬼塚がクラスに戻り

「俺にとっちゃみんなAクラスなんだからよー」

っていったセリフがなんかかっこよかったです

しかし最後に

追っかけのファンに

噂を広めてほしいと新崎がなにかたくらむシーンで終わります。






GTO パラダイス・ロスト(1) の感想

久々にGTOを読みましたが

昔通りで面白かったです。

生徒に攻撃されて

それを復讐でやりかえしたり、

憂鬱な顔している生徒を励ましたり


鬼塚節のさく裂ですね。


最後の展開で新崎にまたはめられそうですが

またクラスを立て直していく感じになるんですね。

パラダイス・ロストはまだ10巻もでていないようなので

すぐに追いつけそうです。




GTO パラダイス・ロスト(1) (ヤングマガジンコミックス)

GTO パラダイス・ロスト(1) (ヤングマガジンコミックス)