読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もゲオ日和(びより)

geo で借りた映画・やDVD・漫画、購入したゲームなどを語っていきます。

ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックス) | 野田 サトル 感想 ネタばれ






f:id:takeyamasatoru:20170101123558j:plain

ゴールデンカムイの8巻がでたので
借りてきました。

本来なら1巻からレビューを書くのが本筋ですが

1巻~7巻をすでに読んでしまった後に

このブログを開設したんですよね。

だから、今更

1巻~7巻を語れといっても

ちょっと時間が経っているのでストーリーを忘れてしまっています。

思い出しながら

簡単に振り返って

書きますと

アイヌの女の子と日本の軍人が金塊を求めて探しまわるというストーリーです。

金塊はどこにあるかといういうと、

複数の囚人に刺青がしてあり
※正確な人数は忘れました。

囚人の背中に金塊の地図の一部が書いてあります。

囚人の背中の皮を写し取るとか

殺してはぎ取るかして

地図の全体をすべて集めると

金塊の場所が分かります。

体に地図の刺青が書いてあるなんて

プリズンブレイクを思い出しますよね。

アイヌ人の女の子と一緒に金塊を探しにいくので カムイ と名が付きます。

金塊が”ゴールデン” 金の事ですね。


だから漫画のタイトルが ”ゴールデンカムイ”何だと思います。


そもそも読むきっかけとなったのは 毎週聞いてる 伊集院光のラジオ番組 「伊集院光の深夜の馬鹿チカラ」

でラジオで伊集院が面白い!といっていたのが読むきっかけです。


面白いといわれても 20巻以上既に出ていたら読むのが大変だなぁとおもったのですが

まだ10巻未満なので

頑張れば追いつけると思い読むことにしました。


この漫画は金塊を探す旅ですが

アイヌ人の文化や歴史・食事を深く学ぶことができます。

漫画の最後に参考資料として アイヌに関する文献がずらーと書いてあります。


アイヌの勉強するならこれを読んだ方がいんじゃないかなと思うぐらい アイヌにかかわる話が出てきます。


漫画の大半がシカや熊等の獣を捕まえて

食べたりします。

金塊探しというよりは アイヌのグルメ漫画的なところもあるのがこの漫画の魅力です。


前置きがながくなりましたが

あらすじです

「金塊」を隠した張本人にして、アシリパの父親だと言われる男。

今尚、網走監獄に収監されている「のっぺらぼう」。

全ての謎が帰結するその正体は何者なのか? 土方歳三の仮説が明らかに…!!

そして、長い冬の眠りから北の大地が目を覚ます。

生命溢れる春の野生の食材は?

阿仁マタギ・谷垣に転機が訪れる谷垣編、

刺青人皮争奪戦に一石投じる夕張炭鉱編も収録。


「野望」「復讐」「希望」生き残るのは誰だッ! 熾烈に必死!! 感情蠱毒な第8巻ッ!!!!!!!!

ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

鶴見中尉の混乱作戦

鶴見中尉は

墓荒らしをしていた江渡貝という剥製職人の技術の素晴らしさに惚れ込んで

あることを思いつきます。

それは、刺青人皮の複製(つまり偽物)を作り

混乱させるというものでした。

江渡貝の母親は 鶴見中尉は悪い人だから信じてはいけないと散々忠告を

受けます。

しかし、初めて自分の作品を褒めてもらった鶴見中尉に心を許しこの人はいい人だと母親にいいきかせます。

そして江渡貝は鶴見中尉にたぶらかされて

母親を殺させてしまいます。



源次郎の妹を殺した犯人賢吉がついに見つかる話が出てきます。


源次郎の妹を殺した 犯人賢吉がついに見つかります。

賢吉は源次郎の妹と結婚し、幸せな結婚生活を送っていたのでしたが

突如、嫁である妹をつれて姿をくらましていたのでずっと探していたと回想シーンで出てきます。

刃物で傷を付けられて殺されていたのであくまで殺人です。

ずっと恨み、探し回っていましたが

ついに賢吉を見つけた時には、 耳を失っていました。

口にカネ餅をくわえさせた後

源次郎にこう伝えてほしいといいます。

妻のフミは疱瘡という伝染する病気にかかり
※疱瘡とは現在でいう天然痘 当時は不治の病といわれていました。

周りの人間が死んでしまうからと小屋に篭り、

周りに火をつけて

最後に源次郎に殺してほしいと言って死んだということだったのです。

つまり、妹の方から疱瘡でもうどうしようもないから殺してくれという話だったので

仕方なく賢吉はフミを殺したという話だったのです。

悲しいはなしですねー。

天然痘って今は治療すれば治るけど、当時は周りに伝染して治療法がなかったんようですね。

不死身の杉本がトロッコで炭鉱にはいる

鶴見中尉に刺青人皮を届けるためにトロッコに乗って鶴見中尉に会いに行きます。

杉本と白石のコンビもそれを追って入りますが

炭鉱のガスにやられてみんな酸欠になってしまいます。

最後、江渡貝は刺青人皮の事に関して

月島に伝言を残します。

「鉄」と伝えてくれと。

それは何を意味するのかというと

複製の刺青と本物の刺青を見分けるキーワードでした。

ゴールデンカムイ 8の感想

1巻~7巻の流れを思い出しながら書いたのですが

結構間が開くと


この人誰だっけ?

って感じになり忘れていましたが

文章に内容をまとめて書くと頭の中が整理されますね。

アイヌの仲間を殺したのっぺらぼうがアリシパさんの父親かどうか細かいところは

まだまだ判明されていませんが

純粋なアイヌ人ではなく


アイヌになり済ました 「パルチザン」の可能性が高いという話も出てきます。


今回は まだのっぺらぼうに会っていろいろとやりとりはないですが

興味深い人物だし

アリシパさんと会った時どんな反応をするかも気になりますね。


余談ですが

ゲオでレンタルした ゴールデンカムイ8巻は


中に折り目がついていて何ページか食い込んで織り込んで痛んでいました。

これを返すときに ゲオの店員に報告すれば

お金かえしてくれるかなぁ。

しかし

レンタルコミック1点無料券を使って借りたので

券みたいなのをくれるだけかもです。

そもそも

漫画1冊 でゲオの半額優待をさらにつかっているので

0円以下なので。。。。。


ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)